ある眼科医の独り言

 目次  《小泉首相をフロック小泉と言う理由は2)、3)、4)を見て下さい。》

(新しい書き込みはこちらをクリックしてください)



19)朝日新聞とNHK、どちらが嘘を言っているの? (17,1,27)
18)政府とマスコミが結託すると怖い!!太平洋戦争中と同じだ。 (16,9,9)
17)公約が政党の一番大事な約束ではないのか。   (16,7,8)
16)「私が総理大臣である間は、消費税を上げない。」だと!
   鼻たれ餓鬼大将が、あめ玉の入った袋を見せて、
     「オレを餓鬼大将にして置いてくれれば、飴をやるぞ!」  
(16,7,7)
 
15)イラクの拉致事件で本当の問題は。  (16,4,11)
 14)公明党、神崎代表は何故イラクへ行ったか?  (15,12,25)
 13)日本を、今この窮地に追いやったのは、誰だ! (15,12,25)
 12)申し訳け有りません。私の見込み違いでした。(15,11,19)
 11)拉致問題で近い内に進展が有ります?(15,10,4)
 10)鴻池氏は、やはり 「ぼろ」を出しました。 (15,7,27)
 9)医療改革を扱った「たけしのTVタックル」を見て。(15,4,25)
 8)民主主義の大原則を知らないか?、「カッ!」となると、何を言っているか
   自分でも分からなくなる、〈二世でお坊ちゃまの総理大臣〉。(15,4,19)
 7)フロック小泉は何もしなかった!?。 (15,4,17)
 6)久しぶりの〈独り言〉です。 (15,4,16)
 5)これで本当に良いのですか? (14,2,14)
 
4)誰か老人を守る「老人党」を作りませんか! (14,2,10)
 3)「show the flag」の本当の意味は (13,11,22)
 2)show the flag!frog!?fluke!??(13,11,11)
 1)「聖域なき構造改革」は本当に正しいのか?(13,11,7)

1)「聖域なき構造改革」は本当に正しいのか?
        
 
                                   (13,11,7)  目次へ
  
 小泉内閣はイデオロギーの無い内閣だと云われて居ます。
  政治的思想のない政治家であれば、それは外務省、厚生省の官僚と変わりが無い
  ではないですか。
  私は世の中には「聖域」が必要だと思います。
  人間が最後まで守らなければならない物、それが「聖域」だと思います。
  唯、それが「天下りした人に何億と言う退職金を出す公団」ではないと云う事です。
  今 小泉首相は「老人と病人」に痛みを押し付けようとして居ます。
  公団、特殊法人の改革が少しも進まない中で、医療改革 否 医療改悪のみが
  進められています。
  「日本の財政立て直しの為に犠牲になれ!」と云うのです。
  老人と病人に対し、我々の税金を使わなくて、何に使えと云うのでしょうか?
  我々医師も痛みを分け合う必要は有ると思いますが、理屈に合わない痛みは
  御免です。
  皆さん!期待だけで支持率のボタンを押すのは、もう止めましょう!!
    ”やせ蛙(frog) 負けてくれよと 老人、病人”  詠み人知らず

  

2) show the flag! frog!? fluke!?? (13、11、11) 目次へ

  
 テロ対策特別措置法の元になった「show the flag!」という言葉が、
  何故か突然マスコミから消えた。
  自衛隊の護衛艦が佐世保港を出港したのに「show the flag」とゆう言葉は
  ついにマスコミからは聞こえて来なかった。何故だろうか?
   大橋巨泉氏が国会で、「何時、何処で、誰が、誰に云ったのか?」 と小泉首相に
  詰め寄った。
  小泉首相は「新聞で読んだので分からない」と答え、大橋氏は「日本という国は
  その程度の国なのか」と嘆いたが、、、、、
   大臣、官房長官等も「show the flag」と云う言葉をよく口にして居た。
  しかし 小泉総理大臣のこの発言には大変な問題が含まれて居ると思う!。
  政治家は国策を決めようとする時、国内外の情勢を判断し、何か不確定な要素が
  有れば、外務省を主とした国の機関で徹底的に調べてから、行動を起こすのでは
  なかったのか。
  新聞を見たぐらいで、政治を司るのであれば、我々と変わりが無いではないか!
  それに新聞とは、そんなに信頼できる物なのか?(此に就いては又書きたい)
  私は一部の新聞に就いては余り信用して居ない。

   国会でのやり取りの中で、小泉首相はflagをfrogと間違え、周りの人に云われて
  慌てて訂正した。
  今度の法令では、自衛隊は戦場に行けない訳だから、敵が攻めてきたら「かえる」、
  「かえろ」とfrog、frogで逃げて帰る、との謎掛けなのか?
  そんな事になれば、日本は余計に国際的な信頼を失うだろう。
   同じ様な発音で「fluke」があるが、自分がフロック※で内閣総理大臣になった事を
  示したのだろうか?(確かに今年の3月には誰も小泉さんが総理大臣になるなんて
  思って居なかったものね。)
   (※ ”玉突き”をしない人の為に、フロックとは「まぐれ当たり」を云います。)
  いずれにせよ「show the flag」の出処を、是非マスメヂアは追求して
  欲しいですね。!!
  何故、追求しないのだろうか?
  でないと、マスメヂアにも「でっち上げ」の疑いが掛かりますぞ!!


3) 「show the flog」 の本当の意味は  (13,11,22)
 目次へ

 
  「show the fiag」を日本語的に考えると、”自分の立場を明らかにする”
  と言う意味に考え勝ちである。しかし それは間違えである。
  「show the flag」は熟語である。
  念の為に広辞苑を引いてみると、熟語とは”一定の云いまわしで《特有な》意味を
  あらわす成句。慣用語。”とある。
  所で「show the flag」とは英語を話す国では、どうゆう意味を表す熟語
  なのだろうか?
   私の家には2冊の英和辞典が有るので、ここで紹介する。(一字一句正確に)
  1)シニア英和辞典(旺文社) 1981年 四訂版発行
      show the flag 《口》(出席していることを他の人に見せるだけのために)
      会合に顔を出す
  2)グランドセンチュリー英和辞典(三省堂) 2000年初版発行
      show the flag (会合などに)申し訳に顔を出す
   もう お分かりと思うが、もしこれをアメリカの要人が云ったとすれば、誠に失礼であり、
  追い詰められていたアメリカが、あの当時こんな事を云う筈は無いと思う。
  だとすると、始に書いた様に”自分の立場を明らかにする”という日本語的な考えで
  日本人の誰かによって使われだしたと、考えるのが自然の様に私には思われる
  のだが。!! 
   長い間、英語を使う国で暮らして居た大橋巨泉氏も同じ様に感じて、あの国会質問に
  
 なったのではないだろうか?  
   尚 アメリカ側は「そのような事は言っていない」と主張したと、一部報道されたが
   その後 マスコミは何も云わない。 変ですねー!


4)誰か老人を守る「老人党」を作りませんか!(14,2,10) 目次へ
   
   小泉首相をこれからは、フロック(frog,fluke)小泉と言わせてむらいます。
  そう言えば、雨蛙が雨を呼んでガーガー鳴いている顔に似ていると思いませんか?
  あの顔を見ていると、ますます景気が悪くなりそうですね。
   《ゼロ金利政策》と言い《老人医療適応年齢引き上げ》といい、フロック小泉は老人を
  粗末にし過ぎると思います。
  一生懸命働いて、税金を納め、年を取り今は静かに余生を送っている人を、世の中が
  大切にしないで良いものでしょうか?
  労働者には組合が有ります、教員にも日教組があり、守られて居ります。
  今 日本には老人を守る組織が有りません。
  アメリカ、オランダには「老人党」と呼んで良いような組織が有ります。
  選挙の時には活躍し、「この人は老人問題をどの様に扱おうとしているか」を党員に
  知らせ、党員(老人)は自分の権利(投票)を行います。
  「日本老人党」を作る人は居ませんか?
  作れば次回の選挙には、かなりの票が集まると思います。


5)これで本当に良いのですか?(14,2,14) 目次へ

今 フロック小泉は健康保険本人の窓口負担を3割に、又保険料まで上げようとして
  います。
  然も 、3割にしなければならない理由を、少しも説明していません。
  その理由は何なのでしょうか?
  田中元外相を辞めさせ、支持率が落ち、自分の地位が危うくなってきたからです。
  口先ばかりで構造改革は殆ど進んでいないのを、国民は分かってきています。
  この辺で「実行力の有る」ところを見せなければならないのです。
  その犠牲になったのが医療制度です。
  病人、老人には、まとめて力を発揮する組織が有りません、だから狙われたと思います。
  医師も薬価基準の値下げ、診療報酬切り下げ(これは賃金カットと同じです)等
  痛みを分け合わなければ、いけないと思います。喰っていけない医師は余り
  居ないのだから。
  国会解散を陰でちらつかせて、自民党内の意見を統一させ様としていますが、
  ここでフロック小泉の支持率を、もう少し下げさせなければ!
  そうすれば以前の郵政大臣の時の様に、化けの皮が剥がれると思います。
  
6)久しぶりの〈独り語〉です。
  この一年の間に日本は変わりましたか?
(15,4,16)
 目次へ

 フロック小泉が総理大臣になってから、二年が過ぎました。
  日本は変わりましたか? 何も変わりません。
  景気は悪い、「天下りの人は一昨年より増えた」と云われていますし、法人、公社の数は
  10%も減っていません。 それはフロック小泉が何もしないからです!。
  否 しました。フロック小泉は、唯 医療制度だけを変えました。
  サラリーマンの窓口負担を3割に、老人医療の自己負担は、年齢や所得により1割から3割に
  増額されました。 これは税金を病人の為には使いたくないフロック小泉が皆した事です。
  そして外国には見栄を張って、大盤振る舞いをしようとしています。イラクの戦後処理には
  幾ら使う積もりでしょうね? 皆さん、小泉のやり方を良く見て居て下さい。 
  近い内に結果が出ます。
  恐らく、それだけのお金が有れば、サラリーマンの窓口負担を3割にする必要は無いと思います。
  フロック小泉は平成9年に(厚生大臣の時)、サラリーマンの窓口負担を10%から20%にし、
  今回は又彼が30%に引き上げたのです。彼は病人に何かの恨みが有るのでしょうか?
  この所、多発テロ事件、北朝鮮問題、イラク戦争と色々な事件や問題が起こっており、
  目がそちらの方に行きがちですが、我々はフロック小泉が何をしたのか、又何をしなかったかを
  見極めて行かなければいけません。


7)フロック小泉は何もしなかった!?  (15,4,17)  目次へ

    貴方は「私は改革をしたかった。 しかし 《反対勢力》が反対して改革が出来なかった。」と
  云うでしょう。
  だったら「自民党を、ぶっ潰しても改革を進める」と薄笑いを浮かべて叫んだ貴方は、
  人のせいにしないで、自民党を「ぶっ潰して」、新しい政党を作り、改革を進めるべきです!!。
  党の名前は 《キャチボール党》でも、《写真集党》でも、《藤原紀香党》でも、
 《Xジャパン党》でも良いでしょう。
  X−ジャパンの様に、目にクマを入れて演説をすれば、支持率も上がるでしょうよ。
  「派閥は駄目」、「年功序列だから自民党は駄目」と言って居たのに、何故そんなに自民党に
  しがみついて居るのですか?

    
8)民主主義の大原則を知らないか、「カッ!」とすると、何を言っているか
  自分でも分からなくなる総理大臣。
 (15,4,18)
  目次へ

  
民主党の「国民に対する約束(公約)が少しも守られていない!」との質問に対して、
  フロック小泉は「そんな事は大した問題ではない!」と政治では《最も公の場》である国会で
  言ってのけた。
  しかし 例によって直ぐ次の日には、「前後の繋がりで言った訳で、非難される様な意味では無い」
  と弁解をしていた。しかし、しかし、私はその国会中継をリアルタイムで見ている。
  確信を持って言える。フロック小泉は弁解の場で嘘を云っていた。それはその日の国会に居た人、
  TVをリアルタイムで見ていた人、新聞記者、TVスタッフ等は皆分かっていた筈です。
  又 しかしである、 TV、新聞はフロック小泉の政治家として一生非難されねばならない、
  《あの発言》を2〜3日で話題から消してしまった。
  何故なのだろうか?
  NHKは受信料の名目で年間6,000憶円もの大金を我々市民から、税金の如く絞り上げている。
    (今、イギリスの国営放送であるBBCが、受信料の問題で市民から訴えられて居ます。)
  なのに、小泉内閣は《公共法人であるNHK》に全く手を着けようとしない。〈聖域なき構造改革〉
  は嘘ですね!! フジTV、TBSの売上高は昨年も、一昨年もNHKの半分ほどです。
  確かに公共放送は必要です。しかし民放と同じ様に3,000憶位の予算で良いのではないですか。
  CMも作らなくて良い訳ですし、それ位のお金が有れば、地味だが、中立で良い内容の放送番組を
  作る事は出来ると思います。
  もっとも、視聴率を民放と張り合うような事をしなければ、ですが。
  国営放送が政府の御用機関になった時の恐ろしさは、私たち太平洋戦争の戦中派の人は
  皆知っています。 もう「大本営発表」は聞きたくない!!
   民放も視聴率を意識し、他社より早いニュース得ようと、内閣にすり寄り、又内閣は自分達の
  プロパガンダに利用しようとマスメディアにすり寄って居るように見えます。
  最近は忙しい筈の政治家連中がTV番組に、尻尾を振って出ているのが不愉快です。
  又 昨年の7月には、地上波デジタル化の為の「周波数変更対策費」1,800憶円の全額を
  国費で支払うと、総務省は発表しました。
  アナログからデジタルに変える費用、そるに伴う周波数を変更する為の費用は、放送局の
  設備投資では無いでしょうか。それを税金で我々が払う必要がどこに有るのでしょうか?
  放送局が本社を六本木や汐留に作るビルの一部をそれに当てるべきです。
  フロック小泉は、民放とNHKには大盤振る舞いをしています。  
  新しい〈秘密情報保護法案〉も、今度はマスコミ関係の人には罰則が無くなって、又現れました。  
  民主主義の基本は選挙です。選挙民は公約を聞いて投票します。もしそれを選ばれた政府が
  実行しないとすれば、それは国民に対する大変な裏切りです。
  日本の大変なこの時期に、嘘つき、又は自分の言った事に責任を持てない、《愚かな総理大臣》で
  本当に良いものでしょうか?
  念の為に、フロック小泉に《愚かな総理大臣》と言ったのは、”ナベツネ”こと渡辺恒雄氏即ち、
  読売新聞社社長、横綱審議会委員、日本新聞協会会長です。悪しからず!
  この発言も、マスメディアから2〜3日で消えてしまいました。  

9)医療改革を扱った「たけしのTVタックル」(TV番組)を見て。
               (15,4,25)
    目次へ
  
 討論(討論と言う程のものでは無いのですが)が始まって直ぐ分かりますが、最初から番組全体が
   「医療に株式会社を参入させる事を肯定させる」様に作られ、編集されています。
  番組では「医師会に呼び掛けたが返事が無かった」と言っていますが、医師会関係者が出なくて
  賢明だったと思います。あんな状態の所で公平な議論が出来る筈もありません。
  例えば、野坂さんが鴻池氏に反発する様な発言をしようとすると、鴻池氏はそれを遮って喋り、
  周りがアッハハと笑い、それで終わり。野坂さんが何を言ったかは、編集で削られていました。

    「ドクハラ」と言う言葉を、勝手に作って流行らせようと、特別な医師を登場させて居ます。
  確かに大勢の医師の中には、少数ですが不適切な言葉を使う、駄目な医師も居ます。
  だからと言って医師全体が、そうだと言う様な報道をするのは余りにも乱暴な議論です。
  テレビ朝日の元報道局長、椿氏が「公正な報道に必ずしもこだわる必要はない」「、、、、、氏に
  ついて選挙中、積極的に報道しバックアップした。この人たちの当選は我々、テレビのおかげだと
  考えている。」と「民放連」の会合で話したのがばれて首になった。だからと言ってマスコミ全体が
  「不公正な報道をし、選挙の時はある候補者を積極的にバックアップする。」とは、みずから
  認める事はないでしょう!。 しかし 「TVの報道局長」は、医師の様に何十万人もいませんよ。
  だから確率からいえば、「総てのTVは不公正だ!」と言てよいのですね。

   今回の改革(改悪)で、一番の問題点である、〈老人への自己負担増、健康保険本人の3割負担〉
  が一般市民の一番の関心事ではないでしょうか。
  しかし その点に付いて全く議論されていないのは、何故なのですか?
  もっともこの番組に出ている方は、収入が多く自己負担等は余り気にしないのかな!
  皆さん、おかしいと思いませんか? この番組の目的が見え見えです。

    番組の中で鴻池氏が得意顔に300憶円の癌に対する器械の話しをしてました。しかし
  あれは放射線医学総合研究所が行っている癌治療ですが、総ての癌が治る訳ではありません。
  確かに以前には「放射線治療が効かなかった癌」にも効果が有る事もあり、副作用も少ない
  と言われています。(治療部位が限局出来やすいのが良い点ですが、大分改善されて来ていますが、
  肺や皮膚、消化管に重篤な副作用を認める事が有ります。)副作用が全く無いと言うのは嘘です。
  ですから、あの器械は鴻池氏の言うように、癌治療の「万能器械」ではありませんし、
  副作用も有ります。
   日本では千葉県(放医研、平成6年より)、国立がんセンター(平成10年より)、兵庫県
 (平成13年より)、筑波大学、福井県、静岡県では建設中との事です。  
  
以上の事からも、彼が「無知」なのか、或いはフロック小泉の様に口先だけの「はったり男」か
  或いは「嘘つき男」かが分かります。(真っ赤な嘘だから、真っ赤く書きました)

  もし仮に非常に高額だが、非常に有用な医療器械が有ったとして、そこに株式会社の参入が何故
  必要なのでしょうか?。 それは番組の中にも言われていたように、国とか県で購入し国民の為に
  使えばよい訳です。税金をそうゆう事に使わないで何に使えと言うのですか?。
  株式会社が購入すれば、その会社の投資に見合う高い治療費を請求されます(株主の為に)。
  そうなれば金の無い人はその治療を受けられません。どう考えても国立の方が株式会社より、
  個人の負担は安くなるのは当たり前です。
  鴻池氏は《貧乏人は良い医療も受けられない世の中》を目指しているのでしょうか。
  金持ち中心の世の中を!!。  
    現在のアメリカはその様な社会になっています。最近《ジョンQ》と言う映画を見ました。
  この映画の監督が(自分の娘も心臓手術を受けている)、映画の色々な場面で、民間の保険会社
  (株式会社)が医療保険の中心になっているアメリカの不幸を描いています。
  アメリカでは5000万人の人がお金が無いため、充分な治療を受けられない状態に
  なっているのです。
  是非、皆さんに見て頂きたいと思います。2002年のアカデミー主演男優賞を取ったデンゼル・
  ワシントンが主演しています。 (彼のオスカー受賞作は〈トレーニング・デイ〉ですが。)
    8)(15,4,18)でも書いた様に、この番組にも次の選挙目当てに色々な人が
  出ていました。日本の大臣も落ちたものです。
    この番組は初めから終わりまで、医師会と医師の悪口に終始しました。
  番組では、医師会と獣医師会が同じ組織の様に云われて居ますが、日本医師会と獣医師会は
  全く別の組織です。 出演者の勉強不足と常識の無さには驚きます。
   しかし 医師と医師会執行部は反省をしなければなりません。法的に認められてはいるものの、
  唯 お金を集めて自民党に献金するだけでした。「自分達の主張」を自らの”口”で、
  分かってもらう様に努力をしませんでした。「忙しいから」と言う理由を付けて。
  医師は「自分達の主張」を色んな形で、国民の人達に分かってもらう様に働きかける必要が
  有ります。(TV、新聞、ラジオ、雑誌、講演、病院内の掲示、保健活動の時等)  
  しかし 今回の様な番組が出来る訳ですから、妨害が有ると思います。それに勝たねばなりません。
  医師に取ってこれは大変な事です。今まで放置して来た結果ですが。
  日本医師会の会長は、「小泉さん!話しが違うよ」 「医師会の会長はどの会にも呼ばれない!」
  等とそんな事を言っている暇は無いのです。
  人のせいにしていますが、貴方が会長になって何年になりますか?


  (最後の部分は、医師以外の皆さんには 意味が分からないかも知れませんが。!!) 

 
10)鴻池氏は、やはり 「ぼろ」を出しました。 (15,7,28)
                             
目次へ

  
皆さんも御存知の様に、加害者の親を「市中引き回しの上、打ち首にすればいい」と言ったのは
  「青少年育成推進本部」の副本部長、防災担当大臣、構造特別区担当大臣鴻池様です。
  場末の薄暗い、赤提灯の下で、酒の臭いをかぎながら聞けば、心地よく聞く人も居るかも
  知れませんが、 幼稚、あまりにも幼稚です。
  こういう問題が有ると、何時も『失言』とマスコミは言う。しかし鴻池氏が、この様な言葉の出る
  幼稚な思考の持ち主である事は、間違いのない事実であり、今もその思考回路を使って
  鴻池大臣は政治を司っているのも事実です。
    『失言』をする政治家は緊張感が足らないと言う人もいます。
  確かに 自分の公約を実行しないで、「その様な事は、たいした事ではない」と民主主義の基本を
  国会という、「最も公の場」で否定し、それでも支持率が50%も有れば、大臣共は緊張感を
  失うでしょうね。 当然です。
    9)「たけしのTVタックル」(15,4,25)を見て頂くと分かると思いますが、
  私ですら感じた様に、鴻池氏は大臣には、否 政治家には適していません。
  東映映画が好きだとか、東映の守衛さん、否 大抜擢して「悪役代官」の役はピッタリと
  思いますが。 

  

11)近い内に拉致問題で進展があります?      (15,10,4)
                                             目次へ
   
フロック小泉の続投が決まりました。
   自民党が選挙に勝つための、内閣改造ですが、そんな事は皆が言っている事です。

   『人気者の安倍氏を幹事長に据え、選挙戦中に北朝鮮に未だいる拉致家族を帰国させる』それがフロック小泉の
   筋書きではないでしょうか。
   北朝鮮と裏取引し(韓国の前大統領がした様に)、近々来日するブッシュ大統領に圧力を掛けるように頼めば、
   出来ない事はない。 フロック小泉にはそんな頭は無いが、飯島秘書が付いている。
   そうすれば、国民は大感激!選挙戦では自民党大勝利という筋書きです。
   安倍氏の、「ブブ」だか、「ベロベロ」だか知らないが、アイスキャンデーをなめている国民は、その筋がきに
   気づかないでしょうね。
   私の予言が当たれば、フロック小泉のマヤカシに気づいて頂けるくれますかな?
   

12)
申し分け有りません。私の見込み違いでした。
   (15,11,19) 目次へ  
  

  
私の全くの予想違いでした。その原因は(1)フロック小泉は私が思っている以上に、ダメ人間でした。
  自分一人では何も出来ない、世間知らずのお坊チャマ総理でした。
  では何故、飯島秘書官が付いていたのに、何も出来なかったのか?。
  それが原因の(2)です。政府が道路公団の藤井総裁を辞めさせる時、総裁は「公団との関係で、甘い汁を吸った
  政治家及びその関係者の名前を、イニシャルで話した」と石原大臣が記者に発表した。
  その中に飯島秘書官の名前が有ったと、週刊誌に報道されたのは、皆さんも御存じの事と思います。
  その記事の中には、飯島秘書官の個人財産の増加、新しく購入した伊那市の別荘の事などが報道されました。
  即ち、「自分の足元に火の手が上がった」わけです。
  これでは、いくら飯島秘書官でも動きが取れなかった訳です。
  弁解はこれぐらいにします。
  しかし あれから石原さんは陰が薄いですね。記者に「余分な事を発表した」と言うのでしょうか?
  

  
ここで気になるのは、この様なチャンスを藤井総裁が出した訳ですから、マスコミが何故徹底的に
  「このイニシャル」を追求しないのか?と言うことです。

  総裁の嘘や脅しも有ると思いますが、誰が考えても事実も有ると思います。
  これを追求することで、「日本の政治の根本問題が見えるかも知れない」のに・・・
  マスコミは「視聴率」が大事で、日本テレビの様にモニター家庭の買収に忙しく、政治家を追求する時間が
  無いのでしょうか?
  それとも、「東京の一等地に自分の会社の大きなビルを建てること」に関心があり、日本を良くする事には
  関心が無いのでしょうか?

13)日本を今、この窮地に追いやったのは、誰だ!    (15,12,24)  目次へ

  現在 日本はイラクへの自衛隊派遣問題で、揺れに揺れています。
  もし今日本が、派遣を止めれば、「約束をしておきながら、自国兵士(※)の危険を避けるため中止した」と
  国際社会での信頼を失うでしょう。 (※当然ながら、外人の殆どの人は、兵士と見るでしょう。当たり前の
  事です。)
  又派兵すれば、自衛隊員の上に大きな危険が及ぶことは明かですし、死者が出る可能性も有ります。
  行っても、行かなくても、日本は大変な窮地に陥っているのです。
  ですから、すでに「行くとか、行かないとか」議論をする時ではありません。
  その為の法律が出来ているのわけで、この法律を直ぐに変えられる筈はありませんから。
  むしろ「行くとか、行かないとか」を議論することで、この問題の本質を、忘れて居るのではないでしょうか。
  
この問題の本質とは、『誰がこの様に、日本を不利な立場にしたのか?』と言う事だと、私は思います。
  TV、新聞でも、「この問題の本質」の議論は不思議な事に、あまりされていません。
  『誰がこの様に、日本を不利な立場にしたのか?』
、答えは無論、フロック小泉です。
  日米関係は大切です。しかし、皮のジャンバーをむらって、キャチボールをし、何でもハイハイと
  言うことを聞くのでは、「子供の使い」と同じです。
  少なくとも政治家なのですから、日本が不利になるであろう事は、色々な理由をつけて、ブッシュに断っておく
  べきでした。(日本国憲法、不景気と財政困難等理由は幾らでも有ります。)

  当然ながら、それが出来ない人を、総理大臣にして置くべきではありません。
  

14)公明党、神崎代表は何故イラクへ行ったか?   (15,12,25)  目次へ


  何故、
神崎代表はイラクへ、突然行ったのでしょうか?
  新聞、TVは公明党の平和路線を変えるキッカケを作るため、党員にイラクへの自衛隊派遣を説得させるため
  とか、言われていますが、非常に突然で、不自然です。
  しかも御存じの様に3時間半だけ、オランダ軍の厳重な警備のもとにです。
  これでは「視察に行った事を、内外に認めさせる」のが目的で有る事は、間違えありません。
  しかも「サマワ地方は比較的安全」とフロック小泉に報告したと、伝えられた。
  
  今、与党の一番恐れているのは、自衛隊員に犠牲者が出て、それが原因で支持率が下がる事です。
  しかも可能性は高いと思います。
  支持率だけが頼りのフロック小泉が、一人でその責任を負えば、或いは総理大臣を辞めなければいけないかも、
  知れせん。
  そこで『考える人』(イイ人がシマで考えた、かも知れませんが)が居ました。
  
「その責任の鉾先を二人で受ければ、痛いが、死ぬことは無いだろう」と。
  その二人が、
フロック小泉と神崎代表です。

  
神崎代表がイラクへ行った時、フロック小泉の側近達は、「全く知らなかった」「先を越された!」等
  口惜しがった、と新聞で報道されました。 しかし それを信じますか?
  公約が実行されないのを、指摘されて、「そんな事は大した事ではない」と国会の場で言い、それでも支持率が
  40%代に有る総理大臣は、
『国民を又、だませると思うでしょうね』。
  それにしても、新聞は最近
フロック小泉の支持率を発表しませんね。

15)イラクの拉致事件で本当の問題は?    (16,4,11)    目次へ
  暫く「老人党秋田支部」の事が忙しく、御無沙汰してました。慣れない仕事は時間も掛かるし大変です。
  今朝の報道では拉致された3人は、「無事解放されそうだ」との事、本当に良かったですね。
  3人が解放されれば、フロック小泉は得意な顔をしてTVに出てくると思います。
  しかし 騙されてはいけません。フロック小泉は家族に会おうとすら、しなかったのですから。
  (しかし 未だ安心は出来ません。相手にショクを与えるため、嘘の情報を流す手があると言われています)
  解放されるのは、3人のイラクでの今迄の行動が、「本当にイラク人の為のもの」であった事が
  分かったのと、その事を伝えようとする、Faxやメールがアル・ジャジーラに殺到し、その事が犯人グループに
  伝わった為だと思われます。
  老人党の笹井明子さんによれば、WPN高田健さんの話として、イラクの民主化グループが出した
  犯人グループへの説得メッセージを明らかにし、その中で解放の理由として、「日本政府は
  活動家3名の幸福や将来については全く関心がない」ことが分かったからだ、と言っています。
  
  それから、分かったのは「拉致した集団、サラャ・アルムジャヒディンが全く理性を失っている人達ではない」という
  事ではないでしょうか。ファルージャの停戦問題をからめて、偉そうな事を言う評論家も居ますが。
  しかし 彼らの立場にたって考えれば、理由も無く(大量破壊兵器は未だ見つかっていません)、
  圧倒的な兵力で攻め込まれ、子供を殺され、町を破壊され、それに十分対抗するだけの軍備もない。
  そんな時、貴方ならどうしますか?
  太平洋戦争の末期、少しでも抵抗しようと、当時の日本青年は特攻隊に志願しました。
  当時 私は小学生でしたが、その時と何だか似ている様な気がします。

  今回の事件の本質は何か?
  それは「自衛隊がイラクへ行った事」だと思います。
  それ以前は、サラャ・アルムジャヒディンの声明の様に、イラク人と日本人は良い関係で結ばれて居ました。
  「日本を、自衛隊がイラクへ行かざるをえない状態にし、世論が定まらない内に、無理やり派兵した」のは、
  間違えなくフロック小泉です。
  そして、その結果 「テロに屈する印象を与えないために、3人を見捨てる」と言う一部の世論を作ったのも、
  フロック小泉です。
  
だから、今回の拉致事件の責任は、全てフロック小泉にあります。
  そしてフロック小泉を支持する、国民の半数にも有るのでは無いでしょうか?

  3人が解放されれば、自衛隊を日本に戻しても、テロに屈した事にはなりませんし、テロを誘発する
  事は無いわけです。
  今こそ自衛隊を戻す時です。


16)「私が総理大臣の間は、消費税を上げない」だと!(16,7,7) 目次
       鼻たれ餓鬼大将が、あめ玉の入った袋を見せて、
        「オレを餓鬼大将にして置いてくれれば、飴をやるぞ!」 

  
  
フロック小泉は、「私が総理の間は、消費税は上げない」と言っています。
  国民をバカにするのも、いい加減にしろ!!
  しかし 少なくともフロック小泉は、思って居るでしょうね。「国民は目先の飴玉にだまされる馬鹿な餓鬼共だ」と。
  だから、こんな事を平気で、言えるのでは無いでしょうか。
  

  一体、政治家としての彼は、消費税は上げる必要が、有るのと考えているのでしょうか? それとも
  必要が無いと考えているのでしょうか?  
  彼にしてみれば、そんな事はどうでもいい事なのです。フロック小泉は政治家では無いのです。
  唯彼は、このまま総理大臣と言う、最も目立つ所に居たいだけなのです。
  「私が総理の間は、消費税は上げない」とは全く理屈も何もない言いぐさです
  確かに彼は、自民党の総裁選挙に、恥ずかしげもなく、2回落ち、3回目に大方の予想に反し、党員投票の
  意外性で、首相になりました。
  だから気持ちは、分からない事もないのですが、そんな話は小学校の学級委員止まりにして欲しいのです。
  
  インドネシアでの曽我さんの事も、何も知らない餓鬼で有れば、「フロック小泉良くやった」と言うでしょうが、
  普通の国民には自分の地位を利用した、余りにも見え見えの選挙違反(!)と、感じるのではないでしょうか。

  タイの少女、メビサさんの事も、選挙の前でなければ、拍手を送りたい所ですが。
  
  餓鬼でない皆さん! これでも参議院選でフロック小泉を応援しますか?  

17)公約が政党の一番大切な約束ではないのか?!     (16,7,8)  目次
  
  昨日(7月7日)の新聞に、自民党は「約束を守らない民主党にあなたは納得できますか?」との広告を
  各一般紙朝刊に出した。この広告で、何億円のお金が新聞社に流れたのでしょうね?
  もっとも自民党はお金持ちだから、そんな事はどうでも良い事でしょうが。
  確かに民主党は、年金問題で三党合意の方針を、変えてきています。

  党の政策が変わると言う事、それ自体は悪い事では無いと、私は考えます。
  特に国民の60%が反対した法案ですから。
  しかも 代表が替わるという、事情もあり、政府案に「年金の一元化を検討する」と言う項目を付け、
  フロック小泉に年金の一元化」を言わせたのは、民主党の圧力が有ったからです。

  
約束を守らないと言うのなら、「公約を守らない。そんな事は大した問題ではない!」と最も公の場所、国会で叫んだ
  フロック小泉は、何なのでしょうか? あれは白日夢だったのでしょうか。
  民主主義の社会で、政党が一番大切にしなければいけない
約束は、公約です。   
  
  小泉自民党も、自分達の正体を国民が気づいてきたと、危機感を感じているのでしょうね。
  だからこの様な、よく読めば逆効果になる広告を恥ずかし気も無く、出したのでしょうネ。
  上辺だけを見れば、なかには「なるほどと納得をしてしまう」人が居る。それがフロック小泉の狙いでしょう。
  
  
この様な状態を見ると、老人、病人、弱者を痛み付ける、フロック小泉を倒す、今が絶好のチャンスと言う事です。
  国民が政治に直接参加出来るのは、選挙だけです。選挙権を大切にしましょう。 


18)政府とマスコミが結託すると怖い!! 太平洋戦争中と同じだ。(16,9,9)目次
 
  
イラク三邦人人質事件の起こった夜、フロック小泉は大手新聞社幹部と共に、赤坂プリンスホテルの一室で
  ワインを飲みながら、フランス料理を食べていたと言われています。  この日が
4月8日
  そして 
7月17日のサンケイ新聞は『渡辺オーナーが小泉首相に激白。おれは苦しんでいる』の見出しで
  次の様な記事を伝えています。
  『16日夜、東京・大手町で開かれた
報道各社のトップと小泉首相の会食会で、渡辺オーナーが小泉首相に
  SOSを発信した。』 『野球の話が6割だった。と
小池毎日新聞顧問
  では
報道各社のトップと小泉首相の後4割の話は、何だったのでしょうか?
  
  ここで気になるのは、
大手新聞社幹部、
報道各社のトップとフロック小泉は頻繁に会合を開いているという事です。
  この夜は、たまたまイラク三邦人人質事件が有り、又 プロ野球の2リーグ制問題で記者が、渡辺オーナーを
  追っていたから、我々の知る所となった。
  従って我々の知らない、会合が他に数多く有ったと考えるのが、自然です。

  即ち、
「新聞社、テレビとフロック小泉は、同じ穴の狢」と言うわけです。
  しかし 世の中で起こっている事を知る手立てが、他にないのですから、私たちは新聞、テレビを見て世の中の事を
  判断するより他に有りません。
 

  
『私達は、眉に唾を塗って、新聞、テレビを見なければならない。』と言うわけです。
  これは大変不幸な事ですが、事実です。
  昭和の10年代に近づいて居るのです。
  自衛隊の海外出兵、憲法改正への動き、このままでは日本の行き先は見えています。

19)朝日新聞とNHK、どちらが嘘を言っているの?  (17,1,26)  目次
     (2005年1月26日 発行、 老人党リアル秋田支部第14号会報より)

  
今、一番問題なのは、やはりNHKの番組に対する安倍、中川両氏の介入問題だろうと思います。
  「NHKの予算を説明に行った序でに番組を紹介した」等と説明して居ますが、番組放映の前に
  特定な人に番組を説明し、「お伺いをたてた」ことは事実のようです。

もし本当であれば、戦争中即ち昭和十年代と同じ様な事が、既に行われている事になります。
 これは本当に怖い事です。恐ろしい事です。

当然の事ですが、一旦「政府がNHKの報道に、介入するのが当たり前になると」それを介入出来ない
 状態に戻すのは、殆ど不可能です。

   しかし 朝日新聞とNHKの言い分には、食い違いがあり、朝日新聞かNHK、どちらかが嘘を
 言っている事は間違えない事実です。

そしてNHKは、自分の弁解の為に、一日の一番良い時間帯を、一時間半も使いました。
 民放であれば放送料は幾ら掛かったでしょうか?「言い訳料」は幾らだったのでしようか?
 まあ国民が視聴料で払う訳ですからNHKは痛く痒くも無いでしょうが。

 ここで一番大切なのは、この問題を何時もの様に、ウヤムヤにしない事です。

兎に角、悪い奴が、どちらかに居る訳ですから、捜して罰を与えなければいけません。当然の話です。